スキップしてメイン コンテンツに移動

モントリオールへの買い付け

こんにちは~

先日 土曜日の一日かけて モントリオールまで買い付けに行ってきました。

オタワでも Thrift Store スリフト ストアー(リサイクルショップ)はあるのですが やはり人口が多い場所に行けば もっといろんなシーツやヴィンテージグッズが見つかるのです。

それを期待して 前夜から 回るコースを夫が決めて 土曜日 朝8時出発。

オタワからモントリオールまでは車で2時間  高速を飛ばします。都市から都市の間は 何にもない田舎風景です。



 2時間弱 運転して1件目に到着 オタワでもおなじみの Value Village です。


 モントリオールは カナダでもフランス語圏なので 表記は Village des Valeurs になります。

 私達が住んでいる場所はオタワの中でも フランス系カナダ人が多く住む地域で 大体3分の2ぐらいの人が フランス語と英語を話す バイリンガルです。

 モントリオールはというと ほとんどの人が フランス語で話します。でも見るからにアジア人の私がレジに並ぶと "ボンジュール" "ハロー"  と 言ってくれる人もいて これはどちらで話しても大丈夫だよ という意味なのです。

カナダは公用語が2つあり 英語とフランス語です。お店にも行っても 映画に行っても どこでも 2つの言語が表記されています。 

私はというと 英語でも苦労している 日本語中心の生活をしています〔笑) 


話がずれてしまいましたが・・・

この日は 朝から行って 大体12件ぐらいのThrift Store を回りました。モントリオールは 大きな都市なので おそらく全部で20件以上はあると思います。

オタワに帰ってきたのは 夜の8時でしたが その甲斐あって 今回の戦利品です

 ヴィンテージシーツとカーテン


 こちらも パイレックス ブルーのウィート キャセロール、ファイヤーキング キャンディディッシュ、スナックセットなど かわいいものが見つかりました


今回の品、ヴィンテージシーツは 数枚 既にお店へUPしています。残りのシーツやディッシュなどは次回の更新予定となります。

このブログの人気の投稿

カナダ マニトバ州へ 久しぶりの帰省 

こんにちは オタワにも遅い春が訪れてますが 今年はどうした事か 春なのに。。。寒い! 4月になっても ちょこちょこ雪が降ったり、5月最初にもあられが降ったり。 オタワでは毎年チューリップフェスティバルが5月初旬に行われるのですが やっと今ごろ 満開になっているそうです🌷 当店ホームページやインスタなどでご案内していましたが 少しお休みをいただいて 5日間ほど 義両親の住む マニトバ州に帰省しておりました。マニトバ州はあまり聞きなれない州ですが オンタリオ州のお隣なんです。 しかし、お隣と言えど カナダの国土は広いのなんの 飛行機で片道3時間弱かかるのです。 義両親が住むのは 首都のウィニペグから 車で20-30分程にある Selkirk(セルカーク)という人口1万人程の小さな市です。(1万人だけど一応 ”市” になっています) ここは知る人ぞ知る なんてことはないかも知れませんが ハリウッド映画やアメリカ、カナダのドラマに頻繁に使われるんです。ウィニペグも同様に古い建物が多く残されて 赤レンガや古い看板などもそのまま使われている場所が多いからなのかも。 特によく見るのが このとても小さな映画館で 夜にネオンが付くと まさに50年代! 映画 New In Town レネ・ゼルウィガー 主演 2009 僕のワンダフルライフ 2017 Dog's Journey  (日本語タイトル不明) 現在公開中 などなど。。。ウィニペグとこのセルカークで撮影されています ↓ 義父の趣味のヴィンテージカー組み立て。 ただ組み立てるだけでなく、すべてパーツから探して買い、実際に車検も通すほど。ヴィンテージカーのアワードも獲得済みのプロ級です! このターコイズカラーがいいですよね♥ ここから下は セルカークに住む 義両親のご友人のコレクション小屋の中身です。 一般人とは思えない程のコレクションの数々とその量は半端ない! その小屋の数が5棟+小さな家1件分がすべて コレクションで 実際に住む住居はまた別にある。  ほしいものがあれば 交渉には応じてくれるけれど すべてそれなりのお値段で、本当に個人のコレクションのようです。もう80代の方だったので 亡くなった

秋のアンティークショウ

こんにちは 日本から遅れて こちらも11月になりました。今年もあと2か月で終わってしまうとは 毎年年末が近づくと早いな~とつくづく感じてしまいます。 こちらカナダオタワは秋も終わりで 先日は雪がちらつきました。本格的な雪まではまだのようですが タイヤ交換だけはしっかり完了済み。(旦那と息子が😅) 今年は近場で紅葉見物 すぐ近所の自然保護区なのですが まるで 観光地のような 賑わいだったのには驚きでした。 今年は寒暖の差がとても激しく その影響もあって紅葉がきれいだとか 10月20、21の2日間で オタワアンティーク・ヴィンテージショウに行ってきました。 毎年、春と秋に開催されるこのショウですが 年々規模が大きくなっています。 必ず入り口から一番近い場所を確保しているのは ジェダイを多く扱うベンダーさんなのですが 彼女の金額 コンディションを考えると残念ながら 高くて手が出ません💦今年はパイレックス ロビンエッグもたくさんありました。 多く目立つのは コスチュームジュエリーを扱うベンダーさん。 ラインストーンのジュエリー 50年代や60年代の物 とってもキラキラ✨ 額に入れて売られていましたが このままアートとしても素敵。 ↓ チャームを扱うベンダーさん。この中からお気に入りのチャームを見つけて ネックレスやキーチェーンにするのもいいですね 個人的にスヌーピーとプードルが気になったけれど今回は購入ならず。 ファイヤーキング、パイレックスなどのミルクガラスを扱うベンダーさんも多かったです。特にパイレックスはコレクターが増えている事から大人気。 ↓ すごい量のデルファイトブルー。 1つの教会で使われていたそうです。集まった人全員でこのC&Sでティータイムしていたんですね~♪   他にもかわいいヴィンテージ雑貨やアンティークがいっぱい。 見るだけでも満足のショウでした! 刺繍がかわいいヴィンテージのチェア キャサリンさん。かわいい😍 一見見るとコンディションも良さそうなのだけど チップや食洗器痕があるものが多かったりと 思

パイレックス ダブルボイラーについて

こんにちは 今日は パイレックス ダブルボイラーを更新しましたので ちょっとだけ マニア的なお話です。 人気のパイレックス フレームウェア ですが ここ最近 人気も再浮上で 入手もだんだんと困難になってきています。 本日 更新した  初期型 グリーンスタンプ ダブルボイラー  (→クリックすると商品ページにジャンプします)ですが 残念ながら 内側ポットに強めの使用感(擦れ傷)があるため 訳ありコーナーでご紹介しています。 傷はあるものの 価格もだいぶ抑えておりますので 気になる方はぜひお早めにご検討くださいね。 ダブルボイラーですが まず 後期型 初期型の形比較。 後期型 初期型 こうやってみると だいぶ形が違うのがわかりますね。 初期型には 丸みがあるのが特徴です。 蓋の形状も全く違いますね。 初期型の蓋は つまみ部分がフラットなので ほとんどの場合 親指と人差し指、(または中指も) でつまむ事になると思いますが 後期型の場合 つかむように!? または握るようにして 開閉すると思います。なので しっかりと持つ事ができ 初期型よりは落として割れる事も少なそうな気がします。そういう事から きっと改良に改良を重ねて後期型が作られているのかな?とあくまでも私個人の見解です。 次にバンドですが 初期型は クリップ式(スナップ)でワンタッチで取り外しができる優れもの。。。ですが これは好きな方も嫌いな方もいらっしゃるようで クリップ式なので はめる際にバチンと少なからず ボディに衝撃がいくわけで これが破損しやすいとの意見もあるようです。 そして 刻印です。 後期型   初期型 後期型の刻印はちょっとわかりずらいですが  内ポットには 6283-U 1.1/2qt  外ポットには 6283-U 1.1/2qt と表記があります。 1 1/2 qt  は容量を表していますので リットルでは約1.4リットルとなります。 初期型 グリーンスタンプですが 6762の番号の後ろ やはり UとLの文字。 この U と L の意味何だかおわかりでしょうか? 答えはというと UはUpper つまり上段。 Lは Lower で 下段です。